リストカットによるけがをしたときの初期対応ガイド

もし、あなたやあなたの友達がリストカットによるけがを負った場合、どう対応すればい いかを簡単に説明します。
  • 1.安全を確保する
    まずは、安全な場所にいることを確認しましょう。 けがをした本人や周囲の人が、これ以上けがをしないように注意してください。
  • 2. 出血を止める
    出血がある場合は、清潔な布やガーゼで傷口を押さえ、出血を止めましょう。 布がない場合は、清潔な手で直接押さえても大丈夫です。
  • 3.傷口を清潔に保つ
    傷口を清潔に保ち、感染を防ぎましょう。 水道水で優しく洗うことが推奨されます。 石鹸を使う場合は、傷口に直接触れないようにしましょう。
  • 4.傷を保護する
    出血が止まったら、傷口を圧迫包帯で覆いましょう。 しかし、あまりきつく巻きすぎないように気を付けてください。 包帯がなく出血が続かないようであれば 、キズパワーパッドや絆創膏で傷を保護しましょう。
  • 5.専門家の助けを求める
    できるだけ早く医療機関に連絡するか、直接診察を受けましょう。 きずときずあとのクリニックでは、傷の治療だけでなく、心のケアも大切にしています。
  • 6.心のケアを忘れずに
    リストカットは心のSOSかもしれません。 自分や友達が心に悩みを抱えている場合、専門の医師やカウンセラーに相談することも重要です。
  • 7. 家族や友人へのサポートも
    けがをした本人だけでなく、家族や友人のサポートも大切です。 優しく寄り添い、話を聞いてあげましょう。
  • まとめ
    リストカットは、体だけでなく心にも注意が必要です。 私たちのクリニックでは、けがの治療はもちろん、心のケアにも力を入れています。 あなたが、またはあなたの大切な人が困っている時は、 遠慮なく私たち「日本自傷 リストカット支援協会」に相談してください。一緒に乗り越えましょう。

© 2022 一般社団法人日本自傷リストカット支援協会 (Japan Selfharm&Wristcut Support Association)